常石保育所 すくすくハウス
 
園の概要   一日の流れ   年間行事   施設紹介   所在地   お知らせ   行事特集   トップへ
 
行事特集
 

2010年06月03日

一年間を通して「食育」に取り組んでいますが、今日は、そのうちのひとつ、「たまねぎ掘り」。

DSC0568611

すくすくハウスでは、一年間かけて「たまねぎ」と「さつまいも」の栽培を行っています。

子ども達は畑の耕作、石拾い、苗植え、水やり、草取り、収穫のプロセスで取り組み、農作物を育てることの大切さを学んでいます。

途中課程(水やり・草取り)は大変だけど、なんといっても収穫の楽しさはたまりませんなぁ~。

DSC05762

DSC05779

砂場遊びも楽しいけれど、実りの成果が得られる

土いじり(農作業)も最高。

 

 

 

 

去年の秋に、旧うめ組(今の小学校一年生)が畑作りをして、旧さくら組(今のうめ組さん)と一緒に、老人会のおじいちゃん達と苗を植えました。

植えっぱなしではなく、途中で世話をしてあげることの大切さ、これからも続けていきたいです。

その苦労の甲斐あって、見よ!こんなに大きいたまねぎがっ!!

DSC05763DSC05773

 

しかも、こんなに いっぱい!

 

 

 

 

 

DSC05758

 

 

 

 

DSC05800

 

 

  7月に一年生を招待して行う、「カレーパーティー」の食材として食べちゃいます。匂いをかいだり、形を見て絵を描いたり、皮を剥いて涙を流したり、、、幅広く生活と学びにひろがっていく、それが「食育」ですね。

DSC05760

 

 

 

 

 

 

たまねぎ掘り終了後、うめ組さんは、石拾いと草取りをしました。来週のイモの苗植えに向けて、肥料をまき、土を耕していきます。

DSC05798

 

 

 

 

 

 

 

2010年05月30日

常石学区運動会史上初の雨天延期を乗り越え、1週間遅れで「春の運動会」(常石学区運動会)が開催されました。参加したのは5歳児うめ組さんと4歳児みかん組さん。

1週間延期という条件は、子ども達のモチベーション維持という点では大変困難であるということを、今回再確認した貴重な経験でした。

DSC05685DSC05686

 

 しかし、1週間順延という状況に負けずに、子ども達は本番で持てる力を十二分に発揮し、見事な成果を収めたと思います。改めて子どもの育ちは凄いと感じさせられました。みんな、本当に良くがんばりました。お家の人、しっかり褒めてあげてください。

 「つねいしマリンチルドレン」では、マーチングで『銀河鉄道999』を鼓隊とカラーガード(フラッグ)で演舞し、ドラムマーチ、ドラムアンサンブルを経て、メンバー全員によるキラキラポンポンによるマスゲーム『Happiness』を踊りました。DSC05699

DSC05709

 マーチングでは、屋外で音源が分散されるにもかかわらず、自分たちの耳で音と指揮に併せて、「心と音をひとつにしよう」という

意気込みがメンバーみんなから終始感じられる演技でした。

耳を傾け調子を合わせることの大切さ。

子ども達に学びました。 

 

みよ!この見事な演技!

大人顔負けの迫真の演舞。DSC05706

 

 

 

 

 続く競技は、親子対抗リレー『すくすく親子かけっこ』  保護者対子どものガチンコリレー勝負!勝負は保護者の勝ちでしたが、子ども達も大健闘して、

接戦に近い名勝負でした。手に汗握るバトンリレー。今後も続けたいですね。うめ組さん、みかん組さん本当によくがんばりました。DSC05711

DSC05723

 午後からは、「幼老玉入れ」や「パン食い競争」に参加しました。

DSC05746

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年05月28日

毎年5月に年長児うめ組さんと年中児みかん組さんは、福山リーデンローズへ、劇団飛行船によるマスクプレイミュージカルを観劇に行きます。

今年のタイトルは名作「アルプスの少女ハイジ」

DSC05600DSC05603

今の子ども達には、あまりなじみがない作品ですが、ちょっと年配の先生はアニメを懐かしく思い出します。なんと声優さんもアニメと同じ、、、あのセバスチャンも。

ハイジの名セリフ「クララのいくじなしっ」や、

感動のシーン、クララが立ち上がりハイジが「クララがたった!」というシーンは人形劇でもジーンときます。

子どもたちも見入っていました。

 

観劇終了後、ランチルームの先生が届けてくれた「すくすくランチパック」をもって、ねこバス・こねこバスで福山城へ

DSC0561611

 

ランチパックをみんなでおいしく食べました。

 

 

 

 

食後は、公園で新幹線や電車を見ながら元気良く遊びました。

DSC05663DSC05651

 

みんな、おおはしゃぎ!

       見よ!「うめぐみのなる木」

2010年05月28日

「生まれてきた意義と生きる喜び」を感じる大切な時、、、

それは私達ひとりひとりのメモリアルデー、“おたんじょうび”

今日は、毎月一回開かれる、すくすくハウスのお誕生日会を紹介しちゃいます。

DSC05588DSC05596

 

お誕生月のお友達自らがデコレーションする

「すくすくハウス特製ケーキ」(※注:たべられません)

質問コーナーやお家の人からのメッセージもあります。

 

メッセージを読んでもらうときは、お誕生席へニコニコ(^-^)ご着席。

 毎月、自由参観なのでお家の人も見に来られます。

子ども達さらにニコニコ\(^O^)/

 

お誕生日会の日は、ランチルームも「お誕生日メニュー」

DSC05622DSC05624

 

きょうのメニューは

  まぜごはん(子ども達大好き!)

  たいそーめん(鞆の鯛網、今が旬!)

  きゃべつのレモンずあえ(野菜もおいしくたべちゃうぞ)

  でした。

毎月、お誕生日の日は、様々なメニューが飛び出します。おたのしみに、、、

DSC05617

 

2010年05月16日

「人間は生きている限り、何歳になっても常に、本物を見聞し、想像力と創造力を養うことが大切である」 (『てるてるぼうず語録』より)

今日の体験は、これ、、、

DSC04946DSC04947

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、すくすくハウスにクラッシック・カー登場!園長、また、変な園バスを購入したか?、、、

DSC04951

いや、違います。

この車、『びんごモノづくり村』を主宰されている小林正明 先生が持ち込まれたもの(ただし借り物だそうです。)

様々な所に、このクラッシック・カーで出かけては、そこで活動写真を撮影されているとのことです。

そして、今日は、すくすくハウスへ参上!

DSC05540DSC0554111

 

 

 

 

 

 

あまりに、いいお天気なので、みんなで洗車しちゃいました。 なかなか、この手の車を洗車することはないでしょう。

その後、みんなでこのクラッシック・カーに試乗しちゃいました。

DSC05557

DSC05553

 

 

 

 

 

 

ついでに記念写真も パチリ

DSC05549

『びんごモノづくり村』では、様々な材料・素材を使ってロボットやおもちゃ、工作などに取り組まれています。

というわけで、今日のすくすくハウスでのモノづくりは、竹とんぼならぬ「紙トンボ」づくり。

DSC05564DSC05571

 

 

 

 

 

 

牛乳パックとストローを材料に、ハサミとテープを使って簡単に「紙トンボ」。これならわざわざ山から竹を切ってきて竹とんぼを作らなくても、

簡単にお家にあるもので作れますね。勉強になりました。子ども達も大喜びです。

びんごモノづくり村の皆さん!本当に貴重な体験をありがとうございました。

 

以下、CMです。興味のある人はアクセスしてみてください。

 

『びんごモノづくり村』塾生募集中!

びんごものづくり村は1年間を通じて5回のモノづくり教室を実施しています。

開催場所:福山市西部市民センター(松永町)  ※開催場所は変更する場合があります。

日   時:日曜日 13時から17時 ※開催日時は変更する場合があります。

申し込み:ホームページよりお申し込み下さい。

       パソコン用  www.monorobo.com

       携帯電話用 www.monorobo.com/keitai/

お問い合わせ

      びんごモノづくり村 代表 小林正明  

            E-mail monorobokun@yahoo.co.jp

 

過去の記事

ライン
copyright © 2010 Tsuneishi nursery school SukuSuku house All rights reserved.
当ホームページに掲載の画像の無断使用はご遠慮ください。