常石保育所 すくすくハウス
 
園の概要   一日の流れ   年間行事   施設紹介   所在地   お知らせ   行事特集   トップへ
 
行事特集
 

2010年11月17日

引き続き、第2部は、坊主である園長と長谷川先生、新米坊主の天真のコラボによる『ライブ御絵伝』

「御絵伝」とは、親鸞聖人というお坊さんの生涯を、絵物語の掛け軸と拝読用の巻物にまとめられたもの。

PHOTO101

通常は、報恩講の初夜、

京都の東本願寺では11月25日の17時から

本堂の暗がりの中で、ロウソクの灯りだけで読み上げられます。

PHOTO145

伝統的な拝読によって、その生涯を訪ねるもので

『御伝鈔拝読』ともいわれます。

 

 

 今回は、その伝統的な作法を、被爆ピアノによるジャズの調べで、勤めあげようというもの。

しかも、本来は、本堂内の親鸞聖人の絵像の前での拝読ですが、

この度は、境内のテント内の席につかれておられる方ともコンサートを一体化させるため、

あえて本堂の外、境内にある親鸞聖人の銅像の前に特設舞台を設けて、

舞台

そこで拝読しちゃおうという企画。

しかも、各段拝読後、曲と詞にあわせて、

絵本作家の長谷川先生が、

ライブでそのお話を描き上げるという趣向。

まさに『ライブ御絵伝』です。

 

 時刻は、夕方5時半、境内周辺も暗がりの中で、

照明に照らされて、より一層、味のある雰囲気がでてきました。

PHOTO010

そして、被爆ピアノとサックスで流れた曲は、

『にじ』(ジャズバージョン)

PHOTO046

曲に合わせて、静かにゆっくりと

ロウソク持ちと拝読のお坊さん、

詩の朗読の新米坊主・天真、

絵を描く長谷川さんが

本堂から外の舞台・ステージへ練り出していきます。

PHOTO015

 

 

PHOTO047

 

 

 

 

親鸞聖人の銅像の前に座す園長。

大勢の方の注目を浴び、緊張しております。

PHOTO048

ロウソクの灯りの中で、親鸞聖人「出家学道」

(生い立ちと、9歳で出家して仏門に入るお話)と

「洛陽遷化」(90歳でお亡くなりになるお話)の二段を

独特の読法で読みます。(左 園長)

PHOTO00211

 

 

各段読み切ると曲が流れ、天真(手前)が

その部分をわかりやすく詩にして朗読します。

PHOTO00111

 

 

 

 

曲は、「出家学道」の段は、『キミノエガオ』

「洛陽遷化」の段は『泣かないで』

曲と詩にあわせて、長谷川さん(右)が御絵伝を描きます。

PHOTO04811

 

できあがった絵はこちら

DSC07597

「出家学道」のときの絵

 

 

 

 

 

DSC07598

「洛陽遷化」の絵

 

ここでも長谷川ワールドが

展開されました。

園長もどんな絵が生まれるのか

興味を持ちながら拝読していました。

 

そして、二幅のライブ御絵伝(長谷川義史画)が完成すると、

最後は、『ともだちになるために』(ジャズバージョン)が、、、

曲に合わせて、各出演者、坊主は、また静かに本堂内に消えていくのでした。

 PHOTO049

うしろ頭は、長谷川さん

 

 

 

 

カーン、カンカン

楽止喚鐘(がくどめかんしょう)の音色とともに、今度は、聖なる歌声が

PHOTO050

被爆ピアノによる「いのち」の響きに遇うコンサート

そこには、宗派・宗教の区別もなければ

人種、国籍、地域、年齢、性別の垣根もありません。

王子の被爆ピアノと岡さんのフルートにあわせて

神原久美子さんが歌うのは

『Pie Jesu』 キリスト教の賛美歌。

平和をともに願うわたしたちにとって、区別を生み出す垣根は必要ないのです。

そんな強い思いから、あえてお寺の本堂でキリストの賛美歌をいれてみました。

しかも、王子の被爆ピアノと岡さんのフルートで、、、

感動の響きに遇いました。

PHOTO034

響きの夜は更けにけり

2010年11月17日

ついに、開演されました。「いのちの響きに遇う音楽コンサート」、、、

一般向けポスター

出演者、会場、被爆ピアノ、テーマ、関係者、園長として、坊主として、伝えたいこと、etc.、、、

いろいろなパーツを組み合わせて、考えに考え抜いて、「いのち」を見つめ直すことをメッセージにしようと構成したコンサート。

全体で三部構成になっております。第一部はお寺としての「音楽法要」。

つまり会場の宝田院を主体とした構成、、、

DSC06031伝統的なお勤めとジャズのコラボ。

この辺から、破戒僧のアイデアがあふれ出ます、、、

当然、坊主が登場します。

PHOTO032PHOTO033

 

 

 

 

 

 

PHOTO035

普段の宝田院(園長先生のお寺の名前)とは、

違う雰囲気。

お寺の飾りながら、客席とか照明とか、赤じゅうたん、外ステージなど、

中継用の大型モニターまでぶら下がっちゃって

完全なコンサート仕様になっております、、、

 

第一部は、親鸞聖人の報恩講(ほうおんこう)、毎年11月に勤められますが、まっ法事みたいなもんか、、、

「いのち」に遇う、きっかけをつくってくれた大切な人の恩に感謝するお勤め。

被爆ピアノを使ってより一層、「いのち」の大切さを考えよう、というメッセージ。

 最初に、朋子先生(お寺では坊守“ぼうもり”さんと呼ばれてます)が「わたしはピアノ」という詩を朗読。

PHOTO036

『わたしはピアノ』

           詩 てるてるぼうず

 

わたしは ピアノ
わたしは やさしい 声を出します
わたしは やさしく 歌います
わたしを やさしく ひいてくれる こどもがいました
わたしは しあわせでした
わたしの ねいろに わらってくれました
わたしも わらいました

 

わたしは しあわせでした
そのこも しあわせでした

 


しかし その幸せは 続きませんでした
ある日 わたしの頭に 「ばくだん」が おとされたのです
原子爆弾です
とてつもない風と熱が わたしたちを のみこみました

こどもや おとな たくさんのひとが ふきとばされました
そして わたしも

 

 

わたしは 声を 失いました
しかし たくさんのひとは いのちを 失いました

 

 

わたしは なきました
でも 声はでません

 

こころと漆黒の体に傷だけがのこりました
わたしは 光を うしないました
漆黒の心が 続きました

 

沈黙の時間(とき)だけが 続きました

 

ある日 
わたしに 気付いてくれた人がいます
わたしに 声を取り戻してくれた人がいます

 

かんたんではありませんでしたが
わたしは 声がもどりました
しかし たくさんの いのちは もどりませんでした

 

わたしは「ひばくピアノ」とよばれるようになりました

 

わたしは 叫びます 戦争の愚かさを
わたしは 歌います 平和のありがたさを

 

わたしの こえを きいてください

 

世界中に ひろがれ
わたしのこえよ
世界中に ひろがれ
いのちの尊さを 平和の大切さを
どうか わたしの声を 聞いてください

 

わたしは ピアノ
わたしは 「ひばくピアノ」

 PHOTO018

 

被爆ピアノの音色にあわせて『真宗宗歌』の歌声が会場に静かに響きます。

PHOTO037

ピアノ 小林宏枝先生

うた 会場のみなさん

PHOTO038

歌声にあわせて坊主登場。

園長、いつになく真剣な表情です。

 

 

PHOTO006

続いて『三帰依文』をインドのふるい言葉

パーリ文で、しかも子ども達のコーラス付き。

ピアノ 大友剛

サックス 岡淳

ドラム(シンバル)高野憲治

PHOTO007

 

子ども達の澄んだ歌声が会場を包みます。素晴らしい!

この子達、後ろで歌われている声楽家の神原久美子先生のレッスン生、

「華音(かのん)の会」のメンバーです。

本当に美しい歌声でした。

 出演者も厳粛なる雰囲気の中での素晴らしい演奏でした。

ホームページで画像しかお伝えできないのが残念です。

 

 園長も子ども達に負けじと頑張ります。

法要への願いを述べる「表白」では、王子の被爆ピアノと岡さんのサックスの奏でる名曲『はじめの一歩』に合わせて【勧進帳】

【勧進帳】とは、何もない白紙の巻物を暗記のみで読み上げるというお話。

 

今回は、被爆ピアノの奏でる『はじめの一歩』に、親鸞聖人のお話しを交えて、その場で即興で、ありのままの気持ちを仏様に向かって話すというガチンコ勝負!

ポイントは『はじめの一歩』の曲調・長さに合わせるという真剣勝負でした。

PHOTO041

 

読み手の坊主と

弾き手の王子、岡さん

互いに真剣です。

PHOTO040

 (写真後ろはドラムの憲ちゃん)

 

 

そして、この場面にドラマが、、、

リハーサルでは、適当な言葉を織り交ぜていましたが、

本番では、場の雰囲気に感極まって、「ことば」が洪水のようにあふれ出す。

まさに台本のない世界。

止めどなく流れる心の「表白」に、曲の終わりがつかめなくなってしまいました。

園長、演奏の終わりを探りながら言葉を続けます。

ところが、王子、岡さんも言葉の途中で曲を終わらせるわけにはいかないと、

以心伝心で、園長の言葉の終わりを探ります。

 

お互いにさぐり合いで『はじめの一歩』の演奏は続くよ続く、、、どこまでも、、、

途中で、ようやく園長が、王子・岡さんが自分に合わせてくれることに気付き、結びの「ことば」へ。

気が付けば、6分近い『はじめの一歩』と「表白」になっていました。これぞガチンコ勝負の成果!

でも、そんな園長坊主にあわせてくれる王子と岡さんて、さすが!

 

「表白」後は、華音の会の子ども達による『恩徳讃Ⅰ』まるで天使の歌声です。

PHOTO039

あっ、お寺だから天人・天女かな、、、

 

そして、今度は宝田院の仏教賛歌の会「さつきの会」の

コーラス。

『報恩講のうた』とお勤めをはさんで

『生きる』

PHOTO008

 

こちらも素晴らしい歌声でした。

 

PHOTO014

第一部の最後を飾ってくれたのは

地元、常石小学校の有志による

コーラス隊。

二部合唱で

『きんいろの太陽がもえる朝に』

地元小学生と王子、岡さん、そして被爆ピアノとのコラボがここに実現!

こちらも素晴らしい歌声でした。みんなありがとう!

こうして、第一部音楽法要は厳粛な雰囲気の中、荘厳に終わるのでした。

第二部に続く、、、

 

 

2010年11月17日

すくすくハウスでふれあいコンサートが開催されている一方、夕方からの被爆ピアノコンサートは着々と準備が進むのであった。

DSC06073ミニコンサート後、ライブ紙芝居で使った

商売道具の筆を洗う長谷川先生。

ひげのおじさん、子ども達に囲まれてます。

そのころ王子は、年中組でピアニカ指導。

 

時を同じくしてそのころ、ついに

被爆ピアノが沼隈初上陸!

会場の宝田院までは4トントラックが入らないので、

途中で軽トラに積み替え作業。

DSC06077若い方々にお手伝い頂いて作業を進めました。

被爆ピアノは現在、アップライト3台とグランドピアノ1台の計4台ですが、

全てピアノ調律師の矢川さんが所有されています。

そして、今回登場したピアノは、テレビ・新聞等でも話題となった

9月11日にアメリカ・ニューヨークのコンサートで使われたピアノ。

今回は、帰国凱旋ツアーということになりました。

DSC06078

軽トラに積み替えて

宝田院まで。

一方、会場の宝田院はいつもの境内とは様相が様変わり、

コンサート会場と化していました。

DSC06032

 

 

ここへ、被爆ピアノ登場!

ここからは人力で運びます。

特に本堂に上げ込む作業が大変!DSC06081                                                  

最後の難所・階段を乗り越えて

ついに本堂内に設置。

DSC06088

すかさず、調律師でもある矢川さんが

被爆ピアノの調律、音のチェック。

巧みの技です。

見てください、ピアノの側面に付いた

原爆の傷跡。胸が詰まる思いでした。この思いを、平和な未来に向けて

夕方よりコンサートが開催されます。

ここまでの道のり1年以上、、、長かった、、、

でも、被爆ピアノは65年もの間、音は出せども体は傷ついたまま。やっぱり戦争はダメですね。

この日を迎えるまで、練習、準備も行われました。

DSC06009地元、常石小学校の有志参加者によるコーラス練習

DSC06026

会場設営

 

 

 

 

DSC06028

テントに客席の搬入・設置

お寺のご門徒さんが一生懸命されました。

DSC06040

出演者のリハーサルも余念がありません。

 

「被爆ピアノによる、

いのちの響きに遇う音楽コンサート」

そのために、たくさんの方が関わってこられました。

本当にありがとうございました。

そして、コンサートは幕を開けるのでした、、、

2010年11月17日

11月12日(金)午前、すくすくハウスふれあいコンサートが開催されました。

ゲストは、絵本作家の長谷川義史先生、ピアニカ王子こと大友剛さん、サックスの貴公子こと岡淳さんのお三方。

いずれも午後からの被爆ピアノコンサートの出演者です。夕方のコンサートまでの間、すくすくハウスへ遊びに来て頂きました。

DSC06068ピアノは大友さん、サックスは岡さん

絵は長谷川さんの

「ハセポン、タケポン、オカポン」のユニット

三人ともさすがです。

すっかりプロの妙技

(しかも、それぞれのジャンル)に

魅了されました。

DSC06048

長谷川さんのライブ紙芝居

『トトトのトナカイさん』より

しりとりゲーム

長谷川さんの描く絵に

子ども達から「じょうずー」の声。

これには長谷川さんも苦笑い、、、

DSC06056王子(大友さん)の妙技もスゴイッ!

十本指で鍵盤ハーモニカ演奏。

これには先生達から「オーッ!」の声。

DSC06059前回、11月のお誕生日会で紹介した

「バルーニカ」。

やっぱり本家の王子が弾くと

まるで別の楽器。

 

DSC06052王子の手品コーナーで

岡さんが魔法のサックスを吹き付ける、、、

DSC06064

長谷川さんの『大阪うまいもんのうた』に

おもわず笑顔の大友さん。

「王子」といわれるゆえんのスマイルです。

 

わずか一時間のミニコンサートでしたが、

その中身の濃さにみんな大満足!

アットいう間のひとときでした、、、

アンコールは、『にじ』を子どもたちが手話付きで歌いました。

DSC06071

曲と歌に合わせて長谷川さんが『にじ』の絵を

ライブ・ペインティング!

す・すばらしい~(*_*)

この他にも手品で使った「スペードの2」

DSC07604

 

 

 

 

 

 

 

 

すくすくハウスギャラリーに

また、新たな作品が加わりました。

最後は「もう一回」コールが鳴り響きましたが、続きは夕方の被爆ピアノコンサートで、、、

2010年11月17日

「生まれた」ことを喜び、ひとりひとりの大切な日を祝う会、そう「お誕生日会」

DSC07561

今月はお誕生日会の前に

発表会のリハーサルもしました。

DSC07552

 

 今年のテーマ曲「にじ」を

みんなで手話で、、、

みなさんも12月11日(土)の発表会に向けて

お家で子ども達と練習しておいてください。

 発表会リハーサルも手短に、

いよいよ11月のお誕生日会スタート!

って、登場したのは、、、

     今月の音楽当番の園長!

DSC07556

うちの園長、音楽が苦手です。

それでも「おたんじょうびのうた」1年間の演奏担当は、みんなで分担するので、園長、徹夜で練習して、

ピアノは断念!残念!無念!

というわけで鍵盤ハーモニカで演奏。

 

じゃあ、後ろの健太郎先生は何してるの?

 実は、これ、今度、被爆ピアノコンサートで来演される大友剛さんに習った技

その名も「バルーニカ」、、、

DSC07558風船を膨らませて、その空気でピアニカの音を出す技でした。

DSC07559健太郎先生は、風船がしぼまないように

絶えず空気を送る係。

風船の先に鍵盤のジャバラがつながれていて

セロテープで押さえてある鍵盤の音が鳴り続けます。

しどろもどろの演奏ながら、なんとか弾ききりました。

 

 

DSC07565

玉座に座って、冠をかぶって

お家の人からのメッセージを聞いた後は、、、

DSC07567

 

11月のお誕生日さんでデコレートした特製ケーキ(飾りですが)のロウソクの火を、みんなで消します。

 

「フゥーッ」

おたんじょうび おめでとうー\(^O^)/

 

そして、今月のお誕生ランチメニュー

DSC07592うさぎランチに

フルーツポンチ

 

DSC07595みんなでおいしくいただきました。

 

 Prev 1 2 3 ... 102 103 104 105 106 107 108 ... 119 120 121 Next

過去の記事

ライン
copyright © 2010 Tsuneishi nursery school SukuSuku house All rights reserved.
当ホームページに掲載の画像の無断使用はご遠慮ください。