おしらせ

武内祐人 展 ライブペインティングのご案内

2024/06/08

6月19日(水)~24日(月)の期間、天満屋福山店6階美術画廊にて「武内祐人(たけうちよしひと)展」が開催されます。

『笑顔』をテーマに描いた動物や子どもたちのイラストは、雑貨や広告などで多数使用され、平成27年度より小学2年生国語の教科書(東京書籍)の表紙にも採用されています。

6月22日(土)14時から天満屋福山店6階の美術画廊にて武内さんによる【ライブペインティング】が開催されます。

このライブペインティングにすくすくハウスが招待されました。

是非この機会に、武内さんが描かれる生のペインティングをご覧ください!

お問合せは、すくすくハウス三須まで

課業Select セレクト で【みんしゅしゅぎ】について考える

2024/06/07

すくすくハウス今年度テーマの「セレクト」

その導入として課業セレクトがありました。

「セレクト(選ぶ)」とは?

年長うめ組さんが課業で、世の中の仕組みについて考えていきます。

「みんなが安心して生きていくために、世の中にはみんなが守る約束(ルール)があります」

「約束をやぶると、命の危険や生活が無事に送れなくなることがあります」

「約束をやぶると警察に捕まり、反省するために牢屋に入れられたり、罰金をとられることも・・・」

「その約束を考えたり、作ったりする人が必要になります」

「みんなで約束を作っていたら、なかなかまとまらないので、代表者をセレクト(選ぶ)して、約束を考えてもらいます」

かこさとしさんの『こどものとうひょう おとなのせんきょ』(復刊ドットコム)

を使って、【選挙】のしくみや【民主主義】についてお話ししました。

結構、難しいお話ですが、うめ組さん、よく聴いていました。

では【選挙】と【民主主義】について簡単なセレクトあそびをしてみましょう。

人や約束(法律)、あそびや、やりたいことなどを試しにみんなでセレクト(選ぶ)してみます。

みんなの大好きなランチメニューを四つあげて

人気投票でひとつメニューをセレクトします。

子どもたちが「ハンバーグ」「カレー」「ラーメン」「うどん」をセレクトメニューとしてあげました。

セレクトのための候補メニューです。

それぞれのメニューで一番好きなものをセレクトしてグループを作ります。

  ハンバーグ5人

  カレー2人

  ラーメン8人

  うどん3人となりました。

では、それぞれのグループで推しのメニューについてもう一度考え、みんなにそのメニューの魅力を発表してもらいます。

ラーメン党は、尾道ラーメンなどの意見が出て、党内の話し合いの結果、最終的に『しょうゆラーメン』を掲げます。

ハンバーグの会は、『チーズハンバーグ』を推してきました。

少数政党のカレーなる一族は、『激辛カレー』に『おいしいプリン』を付ける事を公約にあげました。

うどん党は、なんと『ねぎうどん』というシンプルな政策に打って出ました。

それぞれの候補メニューが決まったところで、もう一度メニューセレクトしてみます。

その結果、ラーメン党、うどん党は議席数変わらず

ハンバーグの会が議席を減らし、カレーなる一族が5議席と躍進してきました。

面白いですね~

みんなの声を聴いてみると、プリンというオマケに惹かれたと言うよりは、激辛に魅力を感じて選んだようです。

大人達の姑息なばら撒き作戦には引っかからない子どもたちの純真さに感心させられました。

 

最終的に、ひとつのメニューに決めるため、上位2つ『しょうゆラーメン』と『激辛カレープリン付き』による決選投票に入ります。

今度はふたつのメニューからセレクトします。

 

すると、、、

ハンバーグの会とうどん党がラーメン党に流れるだけでなく、カレーなる一族からも造反者が出て『しょうゆラーメン』に一気に票が集まります。

最終結果は、決選投票・多数決で『しょうゆラーメン』か・・・これが【民主主義】か・・・

 

と思いきや、、、

旧ハンバーグの会所属の一人の子が、

突然涙を流し始めました!

「チーズハンバーグたべたい・・・」

この発言と行動を受けて、有権者が顔を見合わせます。

この展開は先生も想定外!!

 

その結果、

大量のラーメン党メンバーが旧ハンバーグの会に流れ込み

ハンバーグ党が第一党に躍進するという事態に!

 

最終的に『チーズハンバーグ』が選ばれるという結果になりました。

たった一人の意見が結果を大きく変える感動の政治物語でした。

誰も予想できなかった展開が課業セレクトの時間に起こりました。

ひとりの意見も大事に受け止め、みんなで考え・行動する、、、そしてその結果をみんなで受け入れる。

これが【民主主義】の真の姿かもしれません

どこかの政治家達、あるいは私達大人に見てもらいたい一コマでした。

 

【民主主義】とは、

国民こくみん主権者しゅけんしゃとなって政治せいじおこな形態けいたい

民主主義みんしゅしゅぎもとづいておこなわれる政治せいじ民主政治みんしゅせいじといい基本的人権きほんてきじんけん尊重そんちょう基本原則きほんげんそくとし,一般いっぱん選挙せんきょえらばれた代表者だいひょうしゃによって政治せいじおこなわれる(間接民主制かんせつみんしゅせい)。

民主政治みんしゅせいじのもとでは,少数意見しょうすういけん配慮はいりょしつつはないがおこなわれ,意見いけんがまとまらないときは多数決たすうけつによって物事ものごと決定けっていするのが一般的いっぱんてき

 

こども発信による「セレクト」の今後の展開が楽しみです。

2024年度すくすくハウステーマ 『 SELECT 』

2024/04/06

2024年度すくすくハウステーマ

『 SELECT 』 【セレクト=選ぶ】

2024年は選挙の年です。

世界の人口の半分45億人を抱える約80カ国で今年、選挙と投票が行われます。

 

世界最多人口のインド、パキスタン、インドネシア、アメリカ、メキシコ、EU、ロシア、etc,

 

国内でも4月の福山市議会議員選挙

6月基地問題を反映する沖縄県議会議員選挙

7月の東京都知事選挙

9月の自民党総裁選、その結果や現在の政局如何によっては衆議院議員選挙も

11月、30年前に学生時代のまこと先生を岐路に立たせた岡山県知事選挙 etc.

 

今年はまさしく選挙イヤー

英誌『エコノミスト』は「史上最大の選挙イヤー」と呼んでいます。

だがこれは民主主義の勝利ではありません。

多くの選挙が自由で公正な条件下にあるわけではないからです、、、

ロシアでも選挙が行われましたが、プーチン大統領の再任はシナリオ通りの既定路線。 アメリカ大統領選挙もトランプ復活の可能性があるかも・・・

 

ということは、未来に向け、危うい変動が強まるリスクがあります。これらの選挙はいずれも、民主主義の弱体化を望む政党や指導者が出馬しています。今年の選挙はつまり単にイデオロギー的な立ち位置や政治的措置についてだけでなく、民主主義そのものの発展も問われるのです。

世界の人々があらゆる行動と決断が試される、このような重大な岐路に再び立たされているのです。

 

にも、かかわらず投票権を持つ私たち大人の行動はどうでしょう?

投票率は年々下がる一方で、生活は閉塞感の中、不平不満ばかりが上昇する。

選挙をくぐり抜けた政治家は裏金を稼ぐ。政治家不祥事の連続にもかかわらず、誰に投票したらいいのか選択肢も見当たらない。

いくら選挙権が18歳に引き下げられても、もはや今の段階では手遅れかもしれません、、、

 

そこで史上最大の選挙イヤーにあたり、

すくすくハウスでは

『 SELECT 』【 セレクト=選ぶ】

   ~for the future~

          をテーマに、様々な【選び】についてこどもたちと1年間考えていってみたいと思います。

 

◎第一段階

人を選ぶ

遊びの種類を選ぶ

遊びのテーマを選ぶ

ランチメニューを選ぶ などなど

【コト・モノ・ヒトを選ぶ】

 

何故、そちらを選ぶのか、そちらを選んだら、その先(未来)で何が起こるのか、個人やグループ、クラスで【選ぶことを考え、未来を導き出す】

そして選んだ後の生活への影響・結果を受け入れ、【投票結果に責任を持ち】、【選ばれたコト・モノ・ヒトをしっかり支える】。

そして、次回の選びに反映させる

 

◎第二段階(主にうめ組)

自分自身や自分の推し、自分の提案を選んでもらう

選んでもらうためには、どうしたらいいかを個人やグループ、クラスで考えていく

【提案・立候補する】

 

◎同時進行

選ぶ、選ばれるの過程で、先日の卒園児による常石ピーアール動画のように、

【常石や沼隈の良さをみんなで探索して、外部に対してアピール】していく

『探検沼隈、発見常石、みんなおいでよ! カモン!すくすくハウス』

を通じて沢山の人に故郷が選ばれるようにプロデュースしていく

 

以上の流れで、2024年度の生活・活動・課業等を連動させていきながら、すくすくハウスのこどもたちを育てていきたい。

必要に応じて、立候補、提案、演説、選挙期間、投票、開票、結果を受けての活動等ごっこ遊びで体験できたらいいなぁ

と、思う今日このごろです。

ま、簡単にいえば、『選挙ごっこ遊び』1年間やってみます・・・

 

オールこども石川支援のご報告

2024/01/27

令和6年能登半島地震で被災された方に心からお見舞い申し上げます。

すくすくハウスでは、保護者の皆様にご協力頂き、石川県のこどもに関わる団体(石川県社会福祉協議会保育部会、日本保育協会石川県支部、石川県認定こども園協会、石川県私立保育園連盟)で構成された「オールこども石川」へ必要とされる物資の支援を行いました。

相撲大会千秋楽で協力をお願いしたところ、

支援要請のあった、飲料水、ミルク、子ども用紙おむつ、ウェットティッシュ、アルコールスプレー、おしりふき、生理用品

を保護者の皆様にこんなにお持ち頂きました。

すくすくハウスの先生達で種類ごとに分類して段ボール箱に分け、

石川県に送る準備をしました。

全部で段ボール箱で25箱分になりました。皆様のご協力に感謝です。

みんなでバケツリレーのように段ボールを運び、

1月27日土曜日、石川県の「オールこども石川」に向けて送らさせて頂きました。

ここにご報告申し上げます。

ご協力ありがとうございました。

 

後日、、、

オールこども石川よりすくすくハウスからの支援物資到着のお礼の連絡がありました。

全国からこんなにたくさんの支援物資が集まりました。

この大量の段ボール箱のどこにすくすくハウスからの支援物資があるか分かりますか?

ここにあります!

段ボール箱の横側4面全てに支援物資の内容が分かるように紙を貼り付けていたから

この気配り、大切ですね。。。

おかげですくすくハウスからの物資がすぐに分かります。