常石保育所 すくすくハウス
 
園の概要   一日の流れ   年間行事   施設紹介   所在地   お知らせ   行事特集   トップへ
 
行事特集
 

2010年12月14日

発表会お次の演目は、うめ組さんによる歌・語り「日本昔ばなし」

語りと寸劇と歌の構成で贈る昔ながらの、懐かしくも後世に語り継ぎたいおはなしです。

それでは、うめ劇場のはじまり、はじまり、、、チョンチョンチョン

DSC05522

最初は、「桃太郎」から、、、

着物姿の「語り部」役のナレーションに合わせて

桃太郎の「役者陣」が寸劇を繰り広げます。

 

PHOTO024

 

お次は「金太郎」

DSC05527

 

 

寸劇の間に、各お話しの歌を

「唄い役」の子達が唄います。

「まさかり かついだ 金太郎~」

 

PHOTO025

つづきまするは、「浦島太郎」

 

亀を助けた御礼に竜宮城へ

 

DSC05532

 

「最後は花咲か爺さんです。」

「黒子役」の子が、拍子木を叩きながら

次のお話しを案内します。

 

PHOTO026

 

 

正直爺さんポチ連れて~

 

DSC05536

 

「本日のうめ劇場

オールキャストでございます」

どのお話しも、子ども達によって

未来へ語り継がれていくことでしょう。

めでたし、めでたし

 

 

 

 

 

 

 

昔話に続いては、歌と合奏「大阪・備後うまいもんのうた」演じるは、りんご組さん達です。

『大阪うまいもんのうた』の絵本と歌をベースにしている発表です。

PHOTO004

これがその絵本ね

『大阪うまいもんのうた』(校正出版社)

長谷川義史さく

 今度は、絵本作家の長谷川義史先生直伝の舞台。やはり先日の被爆ピアノコンサートの前にコツを教えて頂きました。

DSC06060

 

「ぶたまん」のポーズ

この他にも「なんでやねん」のツッコミ方法を習いました。

さすがコテコテの関西人。

それにしても、これまた贅沢なアドバイサーだこと、、、

 

 それでは、本番参りましょう!

DSC05542

すくすくはうすの「大介・花子」

師匠の漫才で始まります。

「なぁなぁ~大阪のうまいもん知っとる?」

の問いに、

「ぼくたち、知っとるで~」で始まります。

「おおさかにーは うーまいもんが、

いっぱい あるんやで~、、、」

DSC05539

「ぶたまん~」

鼻を押さえて見事に決まりました。

(^◇^)

「なんでやねん」の突っ込みは、

お隣の子の楽器を叩く演出。

これも見事でした。

PHOTO027

続いて大介・花子の「備後には何があるんやろ~?」

の問いに、

「びんごにーは、うーまいもんが いっぱい あるんよ~」

「おこのみやーき、もみじまんじゅう、ぬまくまブドウ、、、」

みんなで考えた『備後うまいもんのうた』を元気に歌いました。

 

お笑い系で合奏・歌を演じた後は、れもん組さんによる、踊り「ハッピージャムジャム」

DSC05546

 

照明のフラッシュ効果が

舞台をより一層華やかにショーアップします。

 

PHOTO028

それにしても、

チアガール・チアボーイの

衣装はカワイかった、、、

2010年12月14日

いちご・ザ・ムービーの終了後、幕が開くと、そこは昔話の世界

PHOTO019

大きなモモが

どんぶらこっこ、どんぶらこっこ

ご存知「ももたろう」

演じますのは、2歳児れもん組さん。

DSC05497

 

生まれてすぐに鬼退治へ行く

ももたろうご一行様

オニも花道から登場の演出。全て生セリフのこのお芝居

とってもカワイかった\(^O^)/

PHOTO020

 

オニ対ももたろう軍団の

じゃんけん合戦

最後はももたろうの勝ち!

DSC05499

 

 

参りました。

オニが降参した後は、仲良く仲直り

めでたしめでたし。

 

 

「ももたろう」劇のお次は、3歳児青りんご・赤りんご組さんによる踊りです。

最初は青りんご組さんの「まほうのとびら」

DSC05504

 

PHOTO021

かわいらしい衣装ながらも

しっかりと踊っていました。

 

 

 

続いて、赤りんご組さん「星のメロディー」

PHOTO022

 

DSC05510

 

こちらも上手に踊っていました。

曲中の入れ替えもバッチリ決まりました。

 

 

 

 

ダンスのお次は、1歳児もも組さんによる、ごっこ遊び「ノンタンのたんじょうび」

DSC05513

 

PHOTO023練習と違って、本番はたくさんのお客さんの前での演技

少し緊張しちゃったようです。

でも、誰一人臆することなく頑張って発表できました。

エライッ!

2歳児さん1歳児さんともに、生舞台でよく頑張ってました。拍手!

 

 

 

 

続いて、4歳児みかん組さんによる「鍵盤ハーモニカ」による「かえるのうた」これは定番と思いきや、

今回は、「かえるのうた」をノーマルバージョンに加えて、沖縄バージョン、アジアバージョンで弾いちゃおうっていうこと。

指導したのは、先日の被爆ピアノコンサートで来演されたピアニカ王子こと大友剛さん。

DSC06056

弾く鍵盤の位置を変えることによって

それぞれのバージョンにアレンジされた

「かえるのうた」になります。

 

では、お聞き下さい。

「かえるのうた沖縄バージョン」

DSC05516

 

 

って、ホームページじゃ聞けないって!

お聴かせできないのが残念なぐらいおもしろい編曲でした。

王子!ご指導ありがとうございました。

(なんて贅沢な指導者なんだろう~)

2010年12月13日

うめ組さんのコントで幕を開けた『発表会だヨ!全員集合』 お次は、年中みかん組さんによる合奏「うたえバンバン」

DSC05494

 

ドリフネタの後のメリハリ演出・登場もバッチリ!

みんな上手に合奏していました。

 PHOTO015

 

 

そして、幕が閉まって、合奏後の場面転換

幕を閉めて楽器の入れ替え作業をしている間に、

幕の外では、0歳児いちご組さんの生活記録映画「借りぐらしのイチゴッティ」上映。

PHOTO017

 

この場面転換中の進行も演出の一つ。みんなが映画を鑑賞している間に、裏では入れ替え作業。

DSC05496

 

 

この「いちご・ザ・ムービー」も

すくすくハウス発表会の特徴

かつては、0歳児も生出演して発表していましたが、

たくさんの観客の前で泣き出しちゃう子続出、、、

0歳児さんには発表会を無理強いするのではなく、

普段の生活記録をビデオにまとめて発表しようという企画、今年で6作品目です。

 

 

 ただの生活記録ビデオでは、0歳児保護者以外の方が退屈になるので、毎年テーマを決めて10分程度のミニシネマを制作しています。

今年のタイトルは「借りぐらしのイチゴッティ」

イチゴッティ

すくすくハウスに生活する「こびと」たちの様子を、クロマキー合成を駆使して、アリエッティばりの内容に仕上げました。

 毎回、本当の作品のシーンをパロディーするのも特徴。監督は園長のてるてるぼうず(スタジオボウズ)

DSC07402

 今回は大道具を使ってこびとの世界を演出。ホームページでお見せできないのが残念ですが、、、

 PHOTO016

DSC06918

 

 

 

 

 

 

衣装はこんな感じ(イチゴのこびとのイメージ)

 

PHOTO018

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに過去の作品は、「ミッション・ポッシブル」「サウンド・オブ・ミュージック~ひよこバージョン」(昨年まで0歳児は「ひよこ組」でした)

「ALWAYS~続・常石三丁目の夕日」「崖の上のピョコ」「魔女の宅急便~ひよこズ・デリバリーサービス」です。

初期作品の「ミッション~」なんかは、今の年長うめ組さんが0歳児の時の映画。もう一回りしちゃいました。

このまま続くと、卒園式や成人式で懐かしのシーンとして上映できるかも、、、

2010年12月13日

12月11日、土曜の9時は『発表会だヨ!全員集合』

ついに始まりました!子どもの特徴や雰囲気、一年間の取り組みに合わせてテーマが決まる、すくすくハウス発表会。子どもの頑張っている姿を最大限演出するのが私達の役割です。そこで生まれたのが今回のテーマ『発表会だヨ!全員集合』。

発表会だよ!全員集合ポスター

 今は、AKB劇場などライブ(生出演・生劇場)が流行っていますが。1980年代の土曜の8時、元祖生劇場をテレビ中継していた、ドリフターズを懐かしくも、楽しく演じちゃおうっいう今回の企画。出演者、裏方、客席が一体となって創り上げる発表会をねらいとしました。

 そして、もう一つ。昨年は「新型インフルエンザ」が流行して、たくさんの欠席者を出し、代役の代役を余儀なくされたことを振り返り、園児全員が集合できますように、という願いで「全員集合」のタイトルにしました。(もっとも今回は“水ぼうそう”が流行って何人か欠席でしたが、、、)

 

 

 

 

 

 

 そんなこんなで、定刻9時。ついに『発表会だヨ!全員集合』が幕を開けるのでした。

 

 オープニングは、懐かしい「全員集合」の入場曲。チャンチャカチャンチャンチャンチャンチャーン~

で花道から登場のうめ組さん。

PHOTO007

おなじみの「いってみよー」のかけ声と共に「エンヤコラヨ~」と始まります。

PHOTO008

 

 

 

 

 

 

そして、最初の幕は、うめ組さんドリフターズばりのコント「にんじゃってなんじゃもんじゃ」

DSC05493

テンポ良く、失敗もありのアドリブ忍者劇場でした。

写真は控え室にて

 

 

 

 

PHOTO009忍者登場!

 

 

PHOTO010 

 

人数確認、コミカル登場シーン、変身の術や分身の術など忍者ネタをコントを交えて。

PHOTO011

かえるに変身のはずが

顔だけ変身できず、、、

「まだまだ修行がたりーん!」

親方の渇が入ります。

 

PHOTO012「にんじゃってなんじゃもんじゃ」で登場!

 

 

PHOTO013

「忍法!千手観音」

 

 

 

 

 

最後は、ドリフ定番のオチ。

「かーらーすなぜ泣くの~カラスの勝手でしょ~」でオチが付いて、アノ名曲『盆回り』による生場面転換!

 

 

ジャーン、チャッチャッチャッチャッ~の曲に合わせて、忍者は踊る!舞台は幕を開けたまま、次のみかん組さんの合奏の準備。

PHOTO014

 通常のすくすくハウス発表会は場面切り替えは幕を閉めて行い、幕間にBGMや小話を交えるのですが、今回は「8時だヨ~」まんまの演出、幕を開けたままの場面転換をそのまま演出しちゃいました。

 

2010年12月03日

秋から冬に季節が移り変わっていきます。

DSC06275

 

 

 

 

 

 

 

すくすくハウスの子ども達は、12月11日の発表会に向けて、練習中。

DSC07887

DSC07888

 

 

 

 

 

 

DSC07889

当日をお楽しみに!

 

 

 

 

 

一方、「生きることと食べることの大切さ」を追い求めて園長、今日も北から南へ走り回ります。

「師走(しわす)」に入ってさらにスピードアップ!

ちなみに、師走の「師」は「おぼうさん」ていう意味です。

つまり、この時期、坊主が走るって言う意味 みなさん知ってました?

というわけで、坊主園長、走りまくります。

そして、今回、食材を求めて到着したのが、こちら、、、

DSC06318

真ん中にそびえるのは

東京スカイツリーでも通天閣でもありません。

今回のタワーは、「京都タワー」

つまり、京都です。

なんか、最近、食材探しなのか

全国タワー巡りなのかわからなくなっちゃいましたが、、、(別ページ参照)

とにかく、京都ドス。 

しかも今回はアシスタントの小坊主付きで、食材探し。

DSC06337

東本願寺の報恩講(別ページ参照)で

お勤め中、ず~っと京都の食材について

自問自答しておりました。

DSC06338

 

 

 

「京都で今日、食べ物を探す、子どもたちが京味に興味をもてるもの、、、」

ポクポクポク、

ちーん!

そうだ!冬の京都といえば、、、

ひらめいた園長早速、移動します。

 

 

 

DSC06309

まだ、紅葉鮮やかな

南禅寺界隈。

南禅寺と言えば「湯豆腐(ゆどうふ)」

そして、行って来ました

南禅寺・湯豆腐処の老舗「順正」

DSC06345

 

 

DSC06259

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの本物の味

湯豆腐を仕入れちゃいました。

今までは、鮭フレークだとか

韓国ノリだとか、まぐろ節だとか

(いずれも別ページ参照)

すこしインチキっぽい?(いや、本物の味です)食材ばかりでしたが、

今回は、正真正銘、本物の味どす。

DSC07884

すくすくハウスのランチメニューに

するからと、お店に頼み込んで

クール宅急便で送ってもらいました。

見てくださいパッケージ

「おとうふです」だって∈^0^∋ 

中身がこれ!

DSC07886

 

 

国産大豆100%仕様のゆどうふ

京都・南禅寺 順正

 

DSC07894ついにすくすくハウス

本物の味、京懐石メニュー登場!

本日のメニュー

京・順正の湯豆腐とミートローフ

めしあがれ!

 口の中に入れると

さらりと溶けるような食感!きめ細やかなお豆腐のお味でした。

DSC07896

今年から食材探しの旅を続けて

今回で第四弾ですが、

さすが本物の味。

子ども達、先生達も本当に「おいしい!」

「ありがとう!」

っていって食べてくれました。

園長もみんなの喜んで食べる姿にホロリ(+_;)

DSC07897

やはり、「本物」の食材を「おいしく食べる」って食育には不可欠ですね。

ビバ!「楽しく食べる」

南無!「食材探し」

 

こうして、園長の食材探しの旅は、「本物を知る」ということに新たな境地を見いだし、続くのでした。

次は「本物を知る」「本物の汁」探しだ、、、

続く、、、

 Prev 1 2 3 ... 99 100 101 102 103 104 105 ... 119 120 121 Next

過去の記事

ライン
copyright © 2010 Tsuneishi nursery school SukuSuku house All rights reserved.
当ホームページに掲載の画像の無断使用はご遠慮ください。