常石保育所 すくすくハウス
 
園の概要   一日の流れ   年間行事   施設紹介   所在地   お知らせ   行事特集   トップへ
 
行事特集
 

2020年08月31日

8月も今日で終わり。夏まつり月間、ほとんどがプールや水遊びの紹介でしたが、プール以外でもいろいろな活動を楽しんできました。

例えば、、、

まぐろの解体ショーからお寿司屋さん「すしすくざんまい」

おいし~い!

完食?!

まぐろづくしの「すしすくハウス」

他にも・・・

「おばけやしき」

まだまだいろんなお祭りコーナーありましたが、、、

みんな楽しんでくれました。

なつまつりごっこ月間

今月も楽しんで参りました。

ホームページ上での紹介は、ほんの一部でしたが、皆様にもお楽しみいただけたでしょうか?

立秋(8月7日)を過ぎ、朝晩少しずつ冷えてきました。(ほんの少しですが、、、)

日が暮れるのも少しずつ早くなってきています。

夜になるとムシの鳴き声が秋の訪れを感じさせてくれます・・・

日中は残暑厳しいですが、本格的な秋も、もうそこまで来ているみたいです。

 

夏まつりごっこ月間「あきるまで」とありますが、

「アキ【がく】るまで」・・・

 

・・・「秋が来るまで」

「秋(アキ)がきたので」

「夏まつり」も終わりかな・・・

 

その雰囲気を知ってか、29日土曜日には姿が健在だった「妖怪あまびえ」も

31日月曜日の朝には・・・

ブクブクブクブク~

あっ!

あまびえが、、、海の中に消えていく!

 

この兆候。夏まつりの終わりを告げるのか、、、

(続く・・・)

2020年08月29日

毎月28日は、「いのちのつどい」の日です。

お寺に行って、お話しを聞きます。

今月は、「おぼん」についてのお話しを聞きました。

ねえねえ、みんなはお盆休み知ってるよね~

じゃあ、「おぼん」ってどういう意味?

 

えっ?!

おぼんって・・・

「コップや食べもの運ぶ木の板じゃないの、、、?」

これのこと・・・?

そう、そう!

みなさん、「おぼん」の本当の意味も知らずに、

やれ、「おぼん休みは海に行くとクラゲが出る」だの「おぼんになると、みんなで集まってごちそう食べよう」だのと言ってませんか?

 

でも、マコちゃんは知っています。

「おぼん」とは、、、(ドドーン)

「地獄に落ちる」という意味~

エ、エーッ!

 

「おぼん」とは正式には「盂蘭盆(うらぼん)」という言葉で表現されますが、

その「盂蘭盆(うらぼん)」とは、インドのサンスクリット語の「ウランバナ」という言葉から来ています。

この「ウランバナ」を直訳すると、「逆さづり」とか「真っ逆さまに、(地獄に)落ちる様子」という意味になります。

つまり「おぼん」の語源は、「逆さづり」や「真っ逆さまに、(地獄に)落ちる」という意味だったのです。

                      (※語源や「お盆」のお話しは諸説あります。)

 

では、こちらを見ていただきましょう。

こちらは、切子灯籠(きりこどうろう)と呼ばれる本来の盆灯籠です。

「ウランバナ(=逆さづり)」「真っ逆さまに落ちる」を表しているとも言われています。

へーーーーーっ

では、「おぼん」のお話しを、、、

昔々、インドにお釈迦様という方がおられました。

そのお釈迦様のお弟子さんの一人に「目連(もくれん)」という方がいらっしゃいました。

目連は、神通力(じんずうりき=超能力)をお持ちで、自分の優しいお母さんが亡くなった後、お母さんの極楽浄土での様子を神通力でのぞこうとしました。

しかし、目連のお母さんは極楽浄土にはいませんでした。

目連のお母さんは、餓鬼地獄(がきじごく)で苦しんでいたのでした。

そのことを知った目連は大変悲しみました。生きている時、あれほど優しかったお母さんが地獄に落ちているなんて。

何とかお母さんを救いたいと思い、お釈迦様に救う方法をお尋ねになられました。

目連のお母さんは、生きている時、自分が得たモノを人に分かち合わない罪で地獄に落とされていたのです。

ここまでお話しすると、子ども達が、

「えっ!モノを分けてあげないと、地獄に落ちるの?」

「わたし、ちゃんと妹におやつわけてるもん」

「わたし、よくばって、わけてあげなかった」

突然、懺悔の時間になりました。

 

「大丈夫、大丈夫」 続きのお話しをよく聞いてね。

 

救いの方法を求める目連にお釈迦様は勧められます。

『目連、あなたがお母さんのために、他の人へ施しやお世話を励めば、お母さんは救われます。』

そのことを聞いた目連は、一生懸命、他の人のお世話をしたり、自分の得たモノを分けてあげました。

そのおかげで、目連のお母さんは救われましたとさ。

目連は喜びのあまり、踊り出したと言われています。(これが盆踊りのはじまりとも言われています)

                     (以上、『おぼんのおはなし』でした。)

「いのちのつどい」は続きます。

でもね、目連のお母さんは、本当はケチンボじゃなかったんだよ、

手に入れたモノを、他の人には分けてあげなかったけど、実は自分も手にすることはなかったんだって。

 

手に入れたモノは、全て自分のかわいい子ども・目連の先生であるお釈迦様にお供えされていたらしいよ。

でも他人に分けなかったから、餓鬼地獄に落ちたとも言われているんだよ。

全ては自分のかわいい子ども・目連のためだったんだって。

 

目連のお母さんは、本当に自分の子どもの幸せを

願ってたんだね。

 

【亡くなった人は、自分達が思っている以上に、私たちのことを、いろいろと願ってくれている】んだね。

だから、みんなも、お父さんやお母さん、兄弟やお友達、先生、、、

【いろいろな人たちに、願われて生かさせていただいている】ことを、忘れないでね。

「はーい!」

自分が手に入れたモノは、必要なときには、兄弟や家族、他の人にも分けてあげてね。

「はーい!」

おもちゃ貸してって言われたら?

「いーいよ!どうぞ貸してあげる」

 

・・・8月の『いのちのつどい』の一コマでした。

 

 

 

2020年08月27日

プール参観もいよいよ最終日となりました。

参観の際の検温、ご協力ありがとうございました。

検温とアルコール消毒、マスク着用でのプール参観でした。

こちらは「あまびえ屋・外テラス」の保護者観覧席から見た様子

こちらプール側から見た様子

すだれの向こう側が「あまびえ屋・外テラス席」です。

子ども達に気づかれることなく参観できます。(すだれをめくらない限りは・・・)

だから、普段通りの様子がご覧いただけます。

だから子ども達がこんなことしてる様子も見学可能です。

スカイダイビングの練習?ウミガメの産卵?

 

一方、屋上プールは3歳以上児さんなので、直に見学しても大丈夫です。

2020年08月26日

いちご・もも組さんのプール遊び

プールだけではありませんよ。水遊びを楽しんでいます。

噴水楽しんだり、、、

たこさん捕まえたり、、、

手作り水遊びおもちゃ使ったりしています。

一方、もも組さん、プール前に何やら集結、興味津々・・・

今日は、シャボン玉遊びをしますよ~

プライベートプールで、それぞれシャボン玉遊び、、、

思い思いにシャボン玉飛ばそ、、、

たのしー、、、

そんな様子を見守る視線が、、、

こちらの方から・・・

実はここ、

こっそりテラスをのぞける秘密のエリアだったのです。

お家の人にのぞかれているとも知らずに、、、

みんなプール遊びを楽しんでいます。

2020年08月26日

子ども達の日常のワンシーンに【タイトル】を付けてみました。

題して、【只今、〇〇中!】

【只今、女子会中!】

やだー!もう、笑っちゃうー

 

【只今、子育て奮闘中!】

なかなか、泣きやまないな~

 

【只今、プライベートプール選択中!】

今度はどの容器に入ろうかしら・・・

 

【只今、冷水かぶって荒行中!】

早く、コロナウイルスがなくなりますように! バシャーッ・・・

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next

過去の記事

ライン
copyright © 2010 Tsuneishi nursery school SukuSuku house All rights reserved.
当ホームページに掲載の画像の無断使用はご遠慮ください。